辛抱強いことや常に相手の身になる優しさは尊いものの、
いつか限界が来るのではないかと心配していた友人が
とうとう病院のお世話になってしまいました。

不安や焦りを押し込めてご主人の就職活動を応援していた友人は、
ある日突然、全く首が動かなくなったそうです。
最初は整形外科を受診し、その後あちこち紹介されてついた病名が、
不安神経症とうつ病で、人の体の不思議さを痛感しました。


ようやく原因がわかり、服薬で症状はおさまっているものの、
さすがに以前のような元気はありません。

一番の薬はご主人の就職が決まり、精神状態が安定することです。
時折漏らす愚痴や悩みを聞くことしかできませんが、
一日も早く、良い仕事に巡り会えることを祈っています。


Comments are closed.